自分に合っていたインターネット副業

なんとか副業で収入を増やそうといろいろと考えていました。最初に考えていたのが土日にアルバイトをやる方法でしたが、それほどうまく見つかるわけでもなく、見つかっても毎回応募するのも面倒に感じていました。そこで派遣に登録して紹介してもらうと考えましたが、派遣では法律が変わって単発の仕事に応募できる人の条件がついて限られてしまって、副業としては派遣でのバイトはやりにくくなってしまいました。直接雇用だと毎回、応募と選考や面接があり、副業というよりもたまにある小遣いの足しという感じでしか働くことができないのであまりあてにできなくなりました。一方でインターネットでなんとか副業できないかと情報を集めていたところ、ネット副業としてもよく使われているという仕事を紹介するサイトがニュース記事になっていて早速調べてみました。すると登録するだけで仕事ができてネットの銀行口座を指定しておくだけで入金されるというネット副業にはちょうどいいサイトだったのでやってみることにしました。ウェブデザインからライター、アイデア募集、中にはアンケート調査などもあって思っていたよりもたくさんの種類の仕事がありました。私は取り組みやすいライターの仕事から始めました。ライターと言っても専門記事など高度なレベルのものでなく日記的なものを数百時で終わるところからだったのでそれほど苦労もせずに始めることができました。単価はもちろん安かったですが、時間にとらわれず、場所を選ばずにできるので副業としては丁度いい感じだと思いました。小さな仕事がたくさんあるので探せばできるものがどれかは見つかるという感じなのもよかったと思います。数年前までは自分がネット副業をしているとは思ってもみませんでしたが、こうやって実際にやってみると自分には合っていたのだと思いました。今のところはライターの仕事が副業として多いですが、インターネットではもっとたくさんの種類があるのでチャレンジしていこうと思っています。

SNSでもご購読できます。